Born to promote the authentic Italian food. With Love ❤️

「コロナ禍以降の日本へのイタリア製品の輸出について」

執筆者 | 4月 19, 2021 | Senza categoria | コメント0件

日本市場についてのイベント「100per100 Italian Talks」が319に開催され、6人の優れたスピーカーがメード‧イン‧イタリーの日本への輸出の新しいダイナミクスについてのビジョンを語りました。

デジタル版では、I Love Italian Food社が作成した、きらびやかで革新的なフォーマットで語られる「Talks」が紹介され、2021年にはさらに4つの予定が組まれています。

「パンデミックが始まって1年が経ち、私たちは皆、習慣を変え、コミュニケーションの方法も変わり、輸出の方法も変わってきました。メイド‧イン‧イタリー製品の輸出国第5位は日本ですが、メード‧イン‧イタリーという概念だけで、イタリアの製品や食品を広めることができるのでしょうか。それとも新しい戦略が必要なのか。日本市場でのイタリア製品の輸出を改善するためのビジョンや視点を提案することが、このTalksの目的です」とI Love Italian Foodの社長Alessandro Schiattiが言いました。

ジャーナリストのStefania Vitiが司会を務め、日本におけるメード‧イン‧イタリーの普及のための新たな戦略が発表されました。

イベントのオープニングを飾ったのは、イタリアとイタリアンスピリットの真の代表者であるFCAジャパンのマーケティング‧ディレクター、Tiziana Alampreseです。イタリアの自動車グループに16年間在籍しているAlampreseは、ブランドのポジショニングにメード‧イン‧イタリーを参考にすることの重要性と、日本とイタリアの文化的なコンタミネーションをバックボーンにしていることを語っています。デジタルとソーシャルへの投資は、特にパンデミックの段階で強力な競争力を獲得するための武器となります。日本を制覇する秘訣は?Tiziana Alampreseによると、それは「常にオンラインで存在感を示し、安心感を与え、文化的にもターゲットに似ていて、ソーシャルメディアに参加し、バイラルさせること」です。

日本では「ピザマン」として知られるイタリア人シェフ、Salvatore Cuomoがスピーチを行いました。パンデミックの影響で、お客様やスタッフとのコミュニケーションがいかに変わったか、ということをスピーチしています。実際、以前と同じ頻度で移動することができないため、幸いにも利用可能な技術を活用した新しい解決方法を提供する必要がありました。この変化に対応することが強く求められており、一方ではリモートワークの普及、他方ではデリバリーサービスの必要性とそれに伴う発展につながっています。実際、スマートワーキングでは、このサービスを利用する人が増えており、「レストランビジネスを再起動させるための重要なツールとなっているこの分野の強化が強く望まれている」という。Salvatore Cuomoの希望のメッセージは、イタリアの生産者を含むすべての人に、この機会を利用し、コロナウイルス感染症との共存を学んでほしいというものです。

メード‧イン‧イタリーの素晴らしさを伝えるワインの世界を代表するのは、日本人初のプロのイタリア人ソムリエであり、イタリアワインの専門家でもあるShigeru Hayashiです。彼の会社であるソロ‧イタリアでは、ワイン部門の輸入を扱っています。Hayashiさんは、1970年代からイタリア製品の輸入が始まった日本の歴史的背景を紹介した上で、「日本に輸入されるワインのうち、イタリアワインはまだ2割しかない」と指摘します。実際、イタリアンレストランの数が多いにもかかわらず、日本市場での肯定には限界があります。パンデミックによる複雑な状況を踏まえ、Hayashiさんは生産者や輸入業者に「この状況をチャンスに変えて、国内消費に適した商品を開発してほしい」と激励のメッセージを送っています。一方で、外での消費が減っている今だからこそ、普段家で食べているものにイタリアワインを合わせてみてはどうかとも提案しています。 

続いて、イタリア貿易庁東京事務所長(ITA)Erica Di Giovancarloが登場します。Di Giovancarloさんが語る日本市場の姿は、2019年からヨーロッパと日本の間で自由貿易協定が発効されるというものです。これらの協定は、当然ながらメード‧イン‧イタリーを大きく後押しするものでもあります。しかし、パンデミックが発生した年は、イタリアの農業‧食品セクターにとっては損失となり、7.6%の減少となりました。Di Giovancarloさんはスピーチの中で、ワインやチーズなどの製品が減少している一方で、パスタやトマト缶は素晴らしい業績を残していると指摘しています。実際、「2020年の農業食品部門は、劇的に複雑な状況にもかかわらず、成長し続ける能力を示している」とDi Giovancarloさんは言います。このことは、イタリアの生産者を支援するためのITAの数多くの活動にも表れています。先日終了した100社のイタリア企業が参加したFoodexをはじめ、バイヤーとのB2Bミーティング、大規模な小売店とのコラボレーション、そして間もなく再開されるイベントなど、様々な活動が行われています。

続いて、Pio D’Emilia(ジャーナリスト、作家、Sky TG24のアジア特派員)のスピーチの番です。スピーチでは、イタリアと日本を結びつけている強い共通点、特に食文化のレベルでの共通点、例えば原材料の強化から始まっていることを強調しました。イタリア人と日本人が共通して持つ、食材や調理法に対する厳格さが、日本でイタリア料理店を開くことを可能にしているのですが、それはイタリア人以外の専門家にとっても最高レベルのものです。日本人が、私たちの味、プレゼンテーション、そしてライフスタイルでもある食生活に魅了されるのは、このためです」と語るPio D’Emiliaさんは、スピーチの最後に、2つの国を結ぶ生産的な交流についても言及しています。

最後に、Mipaafが認めたジャーナリスト、ライター、オリーブオイルテスターのMiciyo YamadaさんがTalksを締めくくります。Yamadaさんは、オリーブオイルの世界に注目し、パンデミックの際にも日本での輸入量が増えたことを説明しています。実際、日本人は健康という概念にとても敏感ですが、外食という新しい習慣の中で、メード‧イン‧イタリーの製品をよりよく知ってもらい、正しい概念を発信するためには、ストーリーテリングやブランディングといったツールの重要性も見逃せません。調査によると、「日本人が和食の次に好む料理は、もちろんイタリアン」とのこと。そのため、イタリアの生産者が日本のメディアや言語を使って、現地の消費者と接し、商品に関する知識を発信する必要性が高まっています。

今回の「100per100 Italian Talks」の日本特集では、メード‧イン‧イタリーの対日輸出を向上させるための戦略について、さまざまな見解が示され、複雑な様相を呈していました。ゲストのスピーチに加えて、I Love Italian Foodの活動をサポートした6つの保護のためにコンソーシアムのメッセージも重要な意味を持っていました。これはプロセッコDOC、ランブルスコ、アジアーゴ、ゴルゴンゾーラ、タレッジョ、ペコリーノサルドの保護のためにコンソーシアムです。これらはすべて、コロナウイルスでさえ止めることができなかった現実であり、パンデミックの先を見据えて、輸出に投資することを決めたのです。また、在日イタリア商工会議所と伊日財団、メディアパートナーであるItalianityGarage Pizzaitaliani.itからも大きな期待が寄せられていました。

VIDEO IN ITALIANO

日本語のビデオ

このTalksは、アシアゴチーズ保護のためにコンソーシアム、ゴルゴンゾーラチーズ保護のためにコンソーシアム、ペコリーノ·サルドチーズ保護のためにコンソーシアム、タレッジョチーズ保護のためにコンソーシアム、DOCプロセッコ保護のためにコンソーシアム、ランブルスコ保護のためにコンソーシアムの支援を受けて実現したプロジェクトです。

このイベントのメディアパートナーは、Italianity italiani.itGarage PizzaKIBOです。

在日イタリア商工会議所とイタリア貿易庁(ITAのご後援に感謝いたします。

Facebook
Instagram